Resala

Cheb Moha

写真展

「衣食住」

 

 

6月9日から表参道のみどり荘で開催するResalaのプロジェクト、写真展「衣食住」では、世界中の人々にとって身近のテーマである、「衣服、食事、住まい」に焦点を当て、中東地域で暮らす人々の日常を写し出します。

写真展「衣食住」で作品を紹介する写真家シェブ・モハは、フィルムカメラを使って、丁寧に湾岸諸国の人々の暮らしを記録していきます。彼はそこから新しい中東、新しいアラブのイメージをインスタグラムタンブラーを活用して世界に発信しています。

若きアーティスト モハが切り取るのは、文化の入り混じったまさにディアスポラな世界。日本で生活する私たちには、驚きの多様性です。中東という場所は、遠くて理解しがたい場所ではありますが、実は私たちと近しい点があったりと、多様性の中に類似点を見つけ、ダイバーシティを理解してほしいというのがこの写真展の目的です。

June 9-21, 2018.
12-8pm Tuesday -Sunday. 

@表参道みどり荘ギャラリー Commne 2nd内

 
 
66210007.JPG
a-portrait-of-cheb-moha-dubai-2016.jpg

 

 

 

Artist INFORMATION 

シェブ・モハ。イラク出身カナダ育ち。2014年に自分のルーツを探すために中 東への片道切符を買い、クウェートにたどり着く。中東湾岸諸国の 写真を取り、現在はドバイをベースに活動している。アーティストと しての活動をしながら、ラグジュアリーファッションブランドとのコ ラボレーションでフォトグラファー、スタイリストとしても活動。2013 年に立ち上げた自身のファッションブランドShabab Intl.も最近 注目されている。 

Photo by prod antzoulis  (IG: @theonlyvillain)

Resala's Works

Resalaはアラビア語で「メッセージ」という 意味。

今回 Resala が初めて企画する写真展は、イ ラク人アーティストの Cheb Mohaの作品を 通して、中東という異国、異文化な景色を紹 介していきます。 あまりにも違う日常が垣間見せる親近感。そ のエクスペリエンスこそがダイバーシティ。

アートな視点で世界を伝えるメッセンジャー

それが私たちResalaです。 

1.resala social media .jpg

Exhibitions

世界、主に中東の若手アーティストの作品を中心に、展示会などのためのリサーチ、キュレーションを行います。

Screen Shot 2018-06-06 at 5.39.00 PM.png

 

 

Research & content creation

海外エマージングアーティストやカルチャーシーンについての企画・リサーチ・コンテントクリエイションを行います。

シラーズ.jpg

 

Travel CONSULTing

アートを通して世界を歩けば、また違う旅行の楽しみ方が見えてきます。アートと文化を堪能するアートトラベルを、シラーズ、イランのゲストハウスから紹介します。